誰よりも学校生活を一番楽しむ方法を伝授します!

誰よりも学校生活を一番楽しむ方法を伝授します!

この記事では 新しい友達を作る 楽しむことを意識する 学校生活を楽にする

学校生活はつまらないとあきらめていませんか?授業が難しい、つまらない、ストレスがたまる、と感じている人は多いでしょう。

しかし、そんな学校生活も簡単に楽しむことができます。友達作りや勉強を通して、学校生活をより楽しくする方法を早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

Part 1 新しい友達を作る

1 自分に合ったグループを見つけよう。

学校は友達を作るのに最適な場所です。

音楽やスポーツ、動物など、自分の好きなことについて話せる友達を見つけましょう。

共通の話題で盛り上がっている人とは、すぐに友達になれるでしょう。

休憩時間は、友達を作る絶好のチャンスです。

もし、自分と同じ趣味を持っていそうな生徒がいたら、ぜひ話しかけてみましょう。

友達を作るためには、たくさん話すことがとても大切です。

友達を作るのに、「人気のある学生」であるかどうかは関係ありません。

大事なのは人気の度合いではなく、自分に合った性格を持っているかどうかです。

自分が興味のある人と友達になりましょう。

あなたのことを本当に理解してくれる人と親友になるべきです。

積極的に話してどんどん仲良くなりましょう。

スポンサーリンク

2部活を始めよう

学校の部活やサークルは、友達を作りやすい環境です。

例えば、吹奏楽部や将棋部、ダンス部など、自分が楽しめる部活であれば問題ありません。

校内のあらゆる種類の部活をチェックして、自分の好みに合った部活に入りましょう。

どの部にも興味がない場合は、自分で新しい部を立ち上げましょう。

例えば、ビデオゲームやカードゲームのクラブがあっても問題ありません。

何か良いクラブ活動を思いついたら、まずは顧問になってくれる先生を探してメンバーを集めます。

普段交流のないタイプの生徒と仲良くなりたいのであれば、全く興味のないクラブに参加するのが良いでしょう。

例えば、歌が苦手な人はコーラス部に入ってみましょう。

メンバーと仲良くなれば、たくさんの友達を作ることができます。

スポンサーリンク

3つのチームスポーツに挑戦しよう。

運動部に入れば、他校の生徒と知り合う機会があります。

また、同じチームの生徒とも仲良くなれます。

また、未経験者が多く入部しているので、実力差をあまり感じずにプレーを楽しむことができます。

サッカー、陸上競技、バスケットボール、フットボールなど様々なスポーツがありますので、自分が楽しいと思うものを選んでください。

スポーツに興味がない人は、友達と一緒にスポーツ観戦をしてみてはいかがでしょうか。

学校の試合であれば、無料で入場できることもあります。

スポーツ観戦は、新しい友達を作る良い機会でもあります。

スポーツは誰もが楽しめるものではありません。

新しい技を覚えたり、友達を作ったりする良い機会になることもあれば、人によってはストレスの原因になることもあります。

ストレスを増やさないためにも、自分が本当に楽しいと思えるスポーツだけをするようにしましょう。

スポンサーリンク

4 心に余裕を持ちましょう。

学校生活は、誰かに言われたジョークに傷つくよりも、ジョークを言う余裕があったほうが楽しいはずです。

友達を作るときは、難しく考えずにリラックスしてください。気持ちの持ち方ひとつで、学校はつまらなく、楽しくなります。

楽しいことが起こる」と信じていれば、楽しいことが起こります。ポジティブな気持ちで友達を作りましょう。

明るくて面白い人は、無愛想で怒っているような人よりも魅力的です。

友達が欲しければ、フレンドリーになりましょう。

スポンサーリンク

Part 2 楽しむことを意識する

1 自分の気持ちを高めることを意識する。

朝から機嫌が悪い日は、一日中気分が悪くなっていませんか?大切なのは、自分の気持ちを明るくすることです。

アップテンポな音楽を聴いたり、美味しい朝食を食べたり、”今日も一日頑張ろう!”と意識してみましょう。

今日は楽しい一日になる」と信じれば、必ず実現します。

学校に行く前に、毎朝聴く「目覚めの一曲」を決めておきましょう。

携帯電話や時計付きラジオなどを利用すれば、好きな曲を目覚まし時計として設定することができます。

朝一番の音がうるさい目覚まし音ではなく、お気に入りの曲であれば、気持ちよく目覚めることができるでしょう。

一日を健康に過ごすために、朝食をしっかり食べましょう。

甘い朝食は避け、果物やシリアルを食べましょう。例えば、りんごなどは良い朝食です。

スポンサーリンク

2 学校への持ち物を飾りましょう。

バッグ、ファイル、ノート、ロッカーなど、自分の持ち物をおしゃれに飾りましょう。

ステッカーやグリッターペン、好きなバンドのロゴなどでデコレーションすれば、持ち歩くときにハッピーな気分になれます。

スポンサーリンク

3 ハッピーな気分になれる服を着る

流行のスピードが速すぎて、最新のファッションについていくのは難しいかもしれません。

しかし、そもそもファッションを気にする必要はありません。

自分の好きな服を着て、リラックスすることが大切です。

前日の夜に学校に着ていく服を決めておけば、朝起きてから準備する必要はありません。

気に入った服は、自分で洗えるように洗濯方法を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

4 空想にふけってみよう。

学校にも退屈な時間があります。

つまらない授業をずっと我慢しなければならないこともあります。

そんなときは、楽しい空想の世界を考えてみましょう。

学校生活をロールプレイングゲームや自分が主人公の物語と考えてみましょう。

また、自分は学校に送り込まれたスパイで、若者の生活を取材するのが仕事だと妄想するのも楽しみ方のひとつです。

面白い妄想で退屈な時間を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

Part 3 学校生活を快適に

1 整理整頓を心がけよう

学校生活では、常に必要なものを揃えなければならず、それは大変なことです。

英語や数学の宿題をちゃんとやったか、鉛筆を削ったかなど、些細な考えが蓄積するとストレスになります。

だからこそ、整理整頓をすることで、他のことに集中でき、学校生活をより楽しくすることができます。

きちんと準備をすれば、ほとんどのことがスムーズに進むはずです。

大きなファイルを用意して、ノートや宿題を整理する。

重要なプリントはすぐにファイルに保存し、不要になったものは処分すると、プリントの管理に役立ちます。

過去の宿題は、保存する必要のないものは捨てましょう。

宿題を管理するためにスケジュール帳を持ちましょう。

スケジュール帳があれば、宿題を忘れることはありません。

常に日付を確認し、提出日がまだ先の課題は早めに終わらせましょう。

スポンサーリンク

2 先生には良い態度で接しましょう。

先生も生徒と同じ人間です。

素晴らしい先生もいれば、思いやりのない先生もいます。

しかし、どんな人であっても、教室の中で一番偉い立場にいるのは先生です。どんなに気分屋であっても、先生に対して良い態度をとりましょう。

そうすれば、先生はあなたに優しく接してくれるでしょう。

みんなリラックスしてレッスンを受けたいと思っているので、レッスン中は静かにしていましょう。

授業中に友達と話したり、授業をサボったりすることは、一見楽しそうに見えます。

しかし、このようなことを続けていると、いずれ成績が下がり、留年を余儀なくされ、学校が病んでしまうことになります。

すでに先生から問題児と認められている人でも、これから挽回できます。

授業が終わったら、先生に「もっと頑張りたい」と言ってみましょう。

良い生徒になるためには何をすればいいのかを聞けば、先生はきっと見直してくれるはずです。

スポンサーリンク

3時間を効率よく使う。

時間管理をしっかりすることで、宿題のストレスが軽減されます。

宿題はできるだけ早く終わらせましょう。

朝、学校に行く直前に慌てて宿題をしていませんか?

効率よく宿題を終わらせて、課題や成績を気にする必要がなければ、学校生活はさらに楽しくなるはずです。

例えば、大きな課題の提出日まで1ヶ月あるとします。

前日に一気に終わらせる方法と、毎日30分ずつ進める方法とでは、後者の方が圧倒的に効率が良いですよね。

毎日コツコツやるだけで、驚くほどストレスが減ります。

スポンサーリンク

4 宿題でわからないことがあれば、誰かに相談する。

学校の勉強についていけないと感じたら、一人で悩む必要はありません。

放課後に勉強会を開いたり、先生に相談して個別に指導してもらいましょう。

親や兄弟に勉強を手伝ってもらう。

学校で同じような内容を習っているはずなので、きっと良いアドバイスをしてくれるでしょう。

宿題のことでわからないことがあったら、まず家族に相談するのが一番早い解決方法です。

授業中に宿題の質問をするのが恥ずかしい場合は、授業後に10分程度の質問時間を設けてもらえるか先生に聞いてみましょう。

わからないままにしておくよりも、聞いておいたほうが効率よく勉強できます。

スポンサーリンク

5 レベルの高い学校に行くべきか考えよう

学校の授業がつまらないと感じたり、成績が悪かったりするのは、授業が簡単すぎるからかもしれません。

内容が今よりも難しく、面白いものであれば、学校生活がより楽しくなる可能性があります。一度、他の地域の学校について調べてみましょう。

レベルの高い学校への転校や、今の学校での飛び級を検討してみましょう。

私立学校は学費が高いですが、奨学金や助成金が利用できる場合もあります。

どんな選択肢があるのか、まずは調べてみましょう。

親が転校の話を聞かない場合は、進路指導の先生や親しい先生に相談してみましょう。

正直に話せば、何か良い解決策が見つかるかもしれません。

スポンサーリンク

6 授業をきちんと聞く。

iPodで音楽を聴くのは楽しいかもしれませんが、先生に見つかってしまう可能性があります。

また、音楽を聴きながらだと、レッスン内容を聞き逃してしまいます。

信じられないかもしれませんが、レッスンを楽しむための最も簡単な方法は、一生懸命聞くことです。

レッスン内容にとても重要な秘密が隠されていると想像してみてください。

例えば、今習っているのは掛け算ではなく、ロボットを作るための複雑な計算式だと仮定します。

想像力を働かせることで、レッスンに集中して楽しく取り組めるはずです。

スポンサーリンク

ポイント

勉強に熱心な学生の隣に座るようにしましょう。

集中すればするほど、集中しやすくなります。

テストのために一夜漬けで勉強するのはやめましょう。

2週間くらい前からテスト勉強を始めれば、焦らずに済みます。

友達を作るときは、相手が興味を持っていることについて話しましょう。

また、仲良くなるためには、相手を褒めるのも効果的です。

例えば、相手の着ている服を褒めるとか。

毎日、誰にでも優しく接するようにしましょう。

数学や化学の先生に、学んでいることが日常生活でどのように役立つのか聞いてみましょう。

例えば、分数は調味料を測るときに役立ちます。

授業の意味を理解することで、記憶に残りやすくなります。

どんなに面白くない授業でも、学ぶことには必ずメリットがあることを心に留めておきましょう。

人気のある生徒と仲良くしようとするのはやめましょう。

周りからの評価が下がってしまう危険性があります。

それよりも、思いやりや優しさのある人と仲良くすることが大切です。

休憩時間や昼休みには、本やトレーディングカードを持って頭を休めましょう。

宿題はつまらないかもしれませんが、ギリギリまでやらないようにしましょう。

ストレスを減らすには、早く終わらせるのが一番です。

新学期になったら、すぐに友達作りを始めましょう。

遊びも勉強もできる生徒と仲良くなれば、お互いに高め合うことができるでしょう。

スポンサーリンク

注意事項

カバンやリュックサックを飾るときは、まず親の許可を得ましょう。

カバンは高価なものなので、許可を得ないと怒られてしまうかもしれません。
汚い言葉遣いは人を傷つけます。

また、場合によっては先生に怒られたり、停学になったりすることもあるので注意しましょう。

傷つけようとする人や使おうとする人には気をつけましょう。

何か心配なことがあったら、すぐに信頼できる大人に相談することが大切です。



スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク